ディスプレイス&ノーマルマップの適用テスト
教室のみんなが、もくもくと魚をモデリングしていてぜんぜん僕と遊んでくれないので、
zbrushやSculptrisのようなスカルプト系のソフトのモデルをmaxへ持ち込んでのからのローモデルでのディティール再構築のテストをして見ましたよ。

とりあえずは、Sculptrisでモデリング。テストなのでまあこんな感じで。

c0142508_16165374.jpg

このハイメッシュのモデルをmaxにインポートして、テクスチャーレンダリングで、ディスプレイス用のハイトマップとノーマルマップを書き出します。したの青いローメッシュが、ディティールを写し取るためのモデル。

c0142508_1619220.jpg


そしてテクスチャーレンダリングで

ハイトマップ
c0142508_16223269.jpg

そしてノーマルマップ
c0142508_16233239.jpg


出ましたねえ。

この二つのマップをそれぞれディスプレイスとノーマルに適用してあげるとぉ。
c0142508_16273822.jpg


このなんてことのない、丸いローモデルが
こうなります。
c0142508_16285986.jpg



すげー。ぱちぱちぱち。

ハイト情報と、ノーマルがかぶって効果が出てしまっているところはさすがに影がきつく入ってしまいますが、うまく使えば、モデリングの手間をうまく省きながら、密度のあるモデルを作れそうですね。

ではではまた


< イワノ >
[PR]
by tridentcg | 2011-07-20 16:32 | iwano
<< Tree House 金魚でかっ!! >>



トライデントコンピュータ専門学校・CG系講師のつぶやき
by tridentcg
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31